【平面作品案 募集】 変化の時代のいまだからこそ、あなたの挑戦を応援します

第14回 ART IN THE OFFICE 2021

賞金
50万円ほか
締切
2021.03.15 まで
エントリーする
お気に入りに追加

- 応募エントリー(WEB)締切:3月15日(月)
- 資料提出期限:4月5日(月)
 
ART IN THE OFFICEは、現代アートの分野で活動する新進気鋭のアーティストをサポートする公募プログラムで、今年で14回目を迎えます。現代アートが未開拓の表現を追求し、社会の様々な問題を提起する姿勢に共感し、「マネックスを通じて、現代アートアーティストの作品を支援する場づくりをしたい」との想いから、2008年にART IN THE OFFICEは生まれました。
 
平面作品の展示プランを募集し、受賞アーティストの作品をマネックスグループ株式会社(以下「マネックス」)のプレスルームに約1年間展示します。審査は、アート界とビジネス界、それぞれの分野の第一線で活躍するプロフェッショナル5名によって行われます。受賞者には、賞金を授与し制作費を支給します。
 
滞在制作および展示を行うプレスルームは、各種取材対応や重要な会議が行われる場所で、メディアを通して作品が紹介されることもあります。制作期間中の社員との交流は、自分の作品をいつもとは違う角度から捉えるきっかけともなるでしょう。作品完成後には、ギャラリストやキュレーター、コレクターを招いたイベントを行うため、アート界のネットワークを広げることも可能です。
設立当初より次代の金融ビジネスのあり方を模索してきたマネックスのオフィスで、あなた自身も新たな表現に挑戦してみませんか。

募集要項

・賞金50万円、制作・素材・設置費10万円
・マネックスのウェブサイト、AITウェブサイト、プレスリリースやメールマガジンにおける展示紹介
・マネックスの統合報告書への掲載やオリジナルノベルティの制作

募集対象

現代アートの分野で活動するアーティスト(学生可)

募集要項

[ 募集内容 ]
プレスルームの壁(縦169cm × 横870 cm、湾曲)に展示する平面作品案(写真、ドローイング、油彩、水彩など)※旧作は不可
 
[ 作品点数 ]
1人(組)、1作品
 
[ 審査基準 ]
・企業のプレスルームという空間の特徴(取材・撮影や社内外の重要な会議が行われること、滞在制作中にマネックスの社員との交流が想定されること等)を踏まえ、独自性・先駆性があること。
・「一歩先の未来の金融の創造」というマネックスの企業理念を考慮したもの(金融を作品のテーマに用いる必要性はありません)。
 
[ 応募条件 ]
・新作1点のみ(複数の提案不可)。旧作や他の公募展で入賞した作品は不可。
・立体、インスタレーション不可。
・作品がプレスルームの壁面に収まること(壁のサイズ:縦169cm × 横870 cm、湾曲)。
・プレスルームの以下の環境・条件に合意できること。
 L 平時、会議室・応接室として使用するため、人が頻繁に出入りします。
 L 美術館やギャラリーのような温度・湿度管理の行き届いた環境は提供できません。
・約1年間、プレスルームでの展示に耐えうる作品であること(展示期間:2022年5月までを予定)。
 L 制作期間中に大きな音を発する作品および制作中・制作後に臭気を発する作品など、マネックスの業務に支障があると判断される作品は不可となります。
 L 剥離や凋落が予想される作品は審査の段階で展示が難しいと判断される可能性があります。
 L 作品は、受賞者ご自身で設置頂きます。
・社員向けイベントおよび完成作品撮影日を含めて、5営業日以上の滞在制作が可能であること(海外在住アーティスト含む)。なお、新型コロナウイルス感染症の状況によって、社員向けイベントはオンライン化、また滞在制作の日数は変更の可能性があります。
・9月開催予定の作品お披露目イベントに参加が可能であること(新型コロナウイルス感染症の状況によって、人数の制限を設けるなど、一部内容が変更の可能性があります)。
・完成作品に関連した小作品(リサイズあるいは再構成した作品 / サイズ:縦横70cm以内)を展示期間終了後までにマネックスに寄贈可能であること。
 L 9月開催予定のレセプション時に、滞在制作した作品と一緒に展示することも可能です。
 L 寄贈後、マネックスのアート・コレクションとして収蔵し、社内に展示します。
・制作およびイベントなどに関わる交通費は、受賞者の負担となります。

審査委員

青木彬(インディペンデント・キュレーター)
荒木夏実(東京藝術大学准教授、キュレーター)
塩見有子(NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]理事長)
中野信子(脳科学者、医学博士、認知科学者、東日本国際大学教授)
松本大(マネックスグループ株式会社代表執行役社長CEO)

公式HP
http://www.a-i-t.net/ja/projects/2021/02/aio2021.php
著作権の取り扱いについて

・完成作品の所有権および著作権は、受賞者に帰属するものとします。
・受賞者は、主催者に対し、完成作品の撮影、マネックスの統合報告書(年次事業報告書)やマネックスオリジナルノベルティ等への完成作品図版の掲載、広報目的での各種媒体への掲載など、完成作品を複製その他の利用する権利を無期限且つ無償で許諾するものとします。
・プレスルームでの展示期間が終了した後、完成作品は受賞者に返却します。
・詳細は、受賞者と主催者が別途取り交わす合意書又は契約書によるものとします。

主催

マネックスグループ株式会社

お問い合わせ

NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]
担当:大隈(おおくま)、青木(あおき)
メールアドレス:otoiawase@a-i-t.net
※ 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響により、AITは在宅勤務(リモートワーク)を実施しております。 ご不便・ご迷惑をお掛けし申し訳ございませんが、ご理解とご了承の程、よろしくお願いいたします。

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
エントリーする
お気に入りに追加

もうすぐ終了

デザインの現場コンペの広場美術手帖SAMPLEを見る