芸術創造特別支援事業リーディング・プログラム

YokohamArtLife(ヨコハマートライフ)

賞金
最高2千万円
締切
2019.07.01 まで
エントリーする
お気に入りに追加

横浜市と公益財団法人横浜市芸術文化振興財団は、2019 年、2020 年と国際的なスポーツ大会が横浜市内で開催されることを契機として、芸術創造特別支援事業リーディング・プログラム「YokohamArtLife(ヨコハマートライフ)」を実施します。
この取組みは、距離や時間、気持ちを理由に少し遠くに感じる“芸術文化”を「もっと身近に、もっと気軽に」に変えていくために、日常的にアートに参加する機会を増やすプログラムです。本活動の趣旨にあわせて、一緒にプロジェクトを実施してくださる団体(法人・実行委員会)を募集します。

募集要項

申請額は、最低 500 万円から最高 2,000 万円までの間でご提案ください。

募集対象

趣旨に取り組んでいただける法人、または法人が代表となる実行委員会。

募集要項

1 事業名
 芸術創造特別支援事業リーディング・プログラム「YokohamArtLife(ヨコハマートライフ)」
 
2 開催支援(助成)対象
 

(1)対象となる取組み
横浜ならではの芸術文化体験を生み出すプロジェクト。特に、先進的なもの、もしくは将来的な地域への活動定着を狙った実験的なものを支援します。地域の方々に芸術文化体験を提供する内容であることは必須ですが、プロジェクトの内容、形態は自由です。

 

(2)提案に必要な考え方
多様化する社会の中で、あらゆる市民が芸術文化活動に参加できるようにしていくために、戦略的なプロジェクトを構築してください。
①「移動が困難である、経済的に参加が厳しい、情報の入手が容易でないなど、何かしらの理由で芸術文化に触れたくても触れることが難しい人」、②「芸術文化に関心がなく芸術文化に触れていない人」がいることを想定します。その方々に芸術文化に触れやすい環境の形成(会場、料金、内容の選定等)、また、情報発信方法や多様な参加動機を生み出す工夫が必要です。

 

(3)想定する会場
横浜市内の都心部や郊外部にある文化施設や広場、公園、学校、歴史的建造物等、地域に住む方の身近に存在する地域ランドマークを実施会場として想定しています。(地域ランドマークの詳しい説明は公募要項をご確認ください)

 

3 対象団体
上記趣旨に取り組んでいただける法人または法人が代表となる実行委員会。

 

4 開催支援額(助成申請額)
500万円から2,000万円の間でご提案ください(助成率は1~100%で提案)

 

5 応募締切
2019年7月1日(月)

 

6 説明会
2019年5月25日(土)、6月8日(土)、6月14日(金)市内各所で開催。

 

公募に係る詳細・説明会については、下記ホームページでご確認ください。
>>> https://yokohamartlife.yafjp.org

審査委員

芹沢高志 (P3 art and environment 代表)
中村美亜 (九州大学大学院芸術工学研究院 准教授)
藤岡泰寛 (横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院 准教授)
菅原幸子 (横浜能楽堂支配人)

公式HP
https://yokohamartlife.yafjp.org
著作権の取り扱いについて

提出書類やデータは返却しません。

主催

横浜市・公益財団法人横浜市芸術文化振興財団

お問い合わせ

公益財団法人横浜市芸術文化振興財団 広報・ACYグループ
〒231-0023 横浜市中区山下町2
電話:045-221-0212 ファックス:045-221-0216 メール:yal@yaf.or.jp
受付時間 9:00~17:00 ※平日のみ

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
エントリーする
お気に入りに追加

もうすぐ終了

デザインの現場コンペの広場美術手帖SAMPLEを見る