作品募集

2019伊丹国際クラフト展 主題「ジュエリー」

賞金
50万円
締切
2019.08.06 まで
エントリーする
お気に入りに追加

主題を「ジュエリー」とした伊丹国際クラフト展は、今回で11回目を迎えます。人の心や身体に深く関わっているジュエリーは、様々な文化や風土の中で微妙な違いを見せながらも、時代の中で人々に愛され、楽しませ続けています。
世界から寄せられる作品は、回を重ねる毎に増え、伊丹国際クラフト展が着実に定着しつつあることを実感いたします。今回も人間に対する優しい眼差しを感じる作品に多く出会えることを期待しております。

募集要項

大賞 [1名]
500,000 円
 
準大賞 [1名]
400,000 円
 
伊丹賞 [1名]
300,000 円
 
奨励賞(光陽社賞) [2名]
各100,000 円 株式会社光陽社提供
 
グッドマテリアル賞(佐竹ガラス賞) [1名]
100,000 円 佐竹ガラス株式会社提供
 
審査員賞 [2名]
各50,000 円

募集対象

一切問いません。個人でもグループでも可能です。

募集要項

【 応募内容 】
主題を『ジュエリー』とし、素材は問いません。
 
【 応募点数 】
点数制限は設けません。ただし、コンセプトが異なる作品を複数点出品される場合は別々にエントリーしてください。
 
【 エントリー料 】
一般: 8,000円 / 学生: 4,000円
 
【 応募作品 】
創作物の未発表完成作品で必ず販売可能を条件とし、作品販売価格は一点10万円まで(税込) とします。入選作品はすべて販売対象とし、販売の際は希望販売価格の30%を手数料としま す。大きさの制限は特にありませんが、運搬、展示に支障のあるもの、破損しやすいものにつ いては、主催者の判断により出品をご遠慮いただくことがあります。作品以外の展示用付属品 は提出しないで下さい。上記条件に合わない作品は審査除外とします。
 
【 作品提出 】
輸送:2019年8月20日(火) 日付指定
持参:2019年8月21日(水) 午前10時~午後5時
 
※詳しくは主催者WEBサイトをご確認ください。
※海外からの応募はエントリー方法が異なります。

審査委員

岩田 広己 [ジュエリー・金工作家/東京藝術大学 准教授]
小野山 和代 [染織家/大阪芸術大学 教授]
小清水 漸 [彫刻家/京都市立芸術大学 名誉教授]
佐藤 ミチヒロ [ジュエリー作家/伊丹ジュエリーカレッジ 講師/大阪芸術大学工芸学科金属コース 非常勤講師]
関 昭郎 [東京都写真美術館 事業企画課 事業第一係長 学芸員]
Atinuj Atty TANTIVIT [ギャラリスト/ジュエリー作家 (タイ)]
柳 延熹 [金属工芸作家 (韓国)]

公式HP
https://mac-itami.com/international/guideline/
著作権の取り扱いについて

応募者は、本展に応募することにより、以下の事項について同意したものとします。
・入賞及び入選作品の展示、本展図録・広報用印刷物への掲載、展覧会に関する広報での写真等の使用、パブリシティへの掲載、講演会等における引用の権利一式が主催者側にあること
・前項の目的を達するために主催者が行う写真等による複製・配布

主催

伊丹市立工芸センター [公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団/伊丹市]

お問い合わせ

伊丹市立工芸センター 2019伊丹国際クラフト展 事務局
TEL : 072-772-5557
FAX : 072-772-5558
https://mac-itami.com/
 
〒664-0895
兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-28 伊丹市立工芸センター
The Museum of Arts & Crafts ITAMI

備考欄

【 入選作品展 】
会期 2019年11月16日(土) 〜 12月22日(日)
会場 伊丹市立工芸センター 企画展示室
表彰式 2019年11月16日(土)

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
エントリーする
お気に入りに追加

デザインの現場コンペの広場美術手帖SAMPLEを見る