社会の動向に鋭い視線を投げかけ、情熱を燃やす新進写真家へ!

2019年 第15回 名取洋之助写真賞

賞金
30万円
締切
2019.08.20 まで
エントリーする
お気に入りに追加

公益社団法人日本写真家協会は、“新進写真家の発掘と活動を奨励する”ために、35歳までの写真家を対象とした2019年 第15回「名取洋之助写真賞」の公募を行います。
時代を捉える鋭い眼差しと豊かな感性による、斬新な作品を期待します。

募集要項

●名取洋之助写真賞 1名
賞金 30万円、及びJPSが企画する写真集の制作(写真集の印税等は発生しません)
 
●名取洋之助写真賞奨励賞 1名
賞金 10万円
東京、大阪で受賞作品 写真展の開催予定

募集対象

応募者は35歳まで(1984年1月1日以降生まれ)の方で、プロ、アマチュアは問いません。

募集要項

1:発表、未発表を問いませんが、他のコンテストで受賞が決定または内定しているものは除きます。
2:フィルム、デジタルなど、いずれで撮影されたものでも構いません。ただし加工・合成処理したものは不可とします。
※受賞作品は写真展用に大伸ばし(半切~全紙)にしますので、デジタルの場合は、撮影画素数にご留意ください。
3:提出作品は、六ツ切(8×10インチ)またはA4サイズの同一テーマの作品(プリント)30点。
作品は額装、台紙貼り、製本、ファイリング等はしないでください。
※必ず作品の順番が分かるよう、裏面に番号を明記してください。
4:応募作品に添付するもの、撮影者履歴、題名(タイトル)、撮影意図(800~1000字以内)を同封。
5:公序良俗に反しないもの、被写体の肖像権のほか管理、所有権等について問題が生じないもの。
6:受賞作品の原板等を提出していただきます。原板は使用後返却します。

審査委員

飯沢耕太郎(写真評論家)、熊切圭介(写真家・日本写真家協会 会長)、野町和嘉(写真家・日本写真家協会 福会長)。(予定)

公式HP
https://www.jps.gr.jp/
著作権の取り扱いについて

1:受賞作品の著作権は撮影者に帰属します。
2:受賞後2年間、名取洋之助写真賞の広報・宣伝活動に優先して使用します。
ただし、その後も協会のPR活動や歴史展、沿革史等に掲載させていただくことがあります。
データは上記目的以外には使用いたしません。

主催

公益社団法人 日本写真家協会

お問い合わせ

送付・提出先 書留郵便または宅配便(送料は応募者負担)または持参。
〒102-0082 東京都千代田区一番町25 JCIIビル303
公益社団法人日本写真家協会「名取洋之助写真賞」係
TEL:03-3265-7451 FAX:03-3265-7460
 
https://www.jps.gr.jp/ 

備考欄

●作品の返却
1:応募作品は受賞作品発表後2カ月以内に返却します。
2:返却希望の方は、返却希望と朱書きしてください。受取人払いの宅配便にて返却します。
※ただし、受賞作品の返却は致しません。また、海外への返却はできません。
 
●応募票
応募票は日本写真家協会(JPS)のホームページからダウンロードするか、FAXにてご請求下さい。
https://www.jps.gr.jp/ FAX:03-3265-7460

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
エントリーする
お気に入りに追加

デザインの現場コンペの広場美術手帖SAMPLEを見る