2010年代における「旅」「日常における異国的なもの」を表現・リサーチした作品を公募

「近郊・遠景」展

賞金
1万円(1名)
締切
2019.05.27 まで
エントリーする
お気に入りに追加

SIN|CENTROではコロンビア国内複数のアーティストやアートオーガナイゼーションと共同で「旅」「移動」をテーマとする展示の企画をすすめています。現在コロンビア二都市での展示がほぼ決定しているほか、キューバをはじめとするカリブ海諸国のアートスペースとも交渉をすすめています。その第一のステップとして、ボゴタ市内のインディペンデントスペースMaleza Proyectos (2016年オープン)にて「近郊・遠景」(仮題)を2019年7月上旬に開催する予定です。
 
これに向け、日本在住作家の方々の作品を公募いたします。

募集要項

・最も優れた作品1点に1万円
・海外での展示

募集要項

■作品のテーマ:
2000年代以降加速するグローバル化および通信テクノロジーの発達は「旅をすること」の意味を大きく変容してきました。スマートフォンで検索すれば世界中の街の様子や絶景を気軽に楽しむことができるようになった2010年代、「旅」をすることが元来有する時間や空間感覚に関わる意識の変質は、私たちの日常や作品制作にとって現在も魅力的な体験であり続けているのでしょうか。
 
グローバライゼーションの重要な効果の一つとして、世界各地における都市生活の均質化が挙げられるかもしれません。たとえば東京、上海、ニューデリー、サンパウロ、メキシコシティ。文化や歴史的バックグラウンドがそれぞれ異なるこれらの都市における中産階級以上の市民生活が、比較的似通ったものになってきている一方、一国内における都市と地方における生活感覚のギャップは逆に増大する傾向にあると言われています。また、高齢化にともなう人口減少社会への対策の一つとして観光立国を目指す日本では、空洞化する地方が新たな旅の目的地や美術作品制作のサイトとして注目されて久しい状況にあります。
 
日本だけではなく世界の様々な場所において、かつてヒッピーや「貧乏」旅行者らが目指した「秘境」ははるか遠い場所にあるどこかなのではなく通勤電車で到達できるようなごく身近な場所として再定義されつつあるのではないでしょうか。こうした背景に留意しつつ、SIN|CENTRO では日本在住の美術作家の方々にとって2010年代における「旅」「日常における異国的なもの」もしくは「移動すること」の意味やその変容を表現・リサーチした作品をひろく公募いたします。
 
■作品フォーマット
平面作品(メディアは問いません。50cmx50cmx3cmの寸法に収まるもの)
 
■選考料金:3000円
 
■諸経費(選出された場合):3500円
 
■応募方法
作品の写真(3枚程度)とポートフォリオ、ウェブサイト等を、info@sincentro.comまでお送り下さい。
審査料のお支払いについては別途ご連絡差し上げます。
 
■応募締め切り:5月29日(水)
 
■結果発表:6月5日(水) 前後
 
■作品の受け渡し:2019年6月上旬、東京都内。
 
■作品の展示:7月4日(木)から7月18日(木)まで
 
■作品の返却と返却地:2020年上半期、東京都内。
 
■公募の収益は作品輸送費、設営費等にあてさせていただきます。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
お問い合わせ:info@sincentro.com

公式HP
https://sincentro.org/2019/02/26/%E4%BD%9C%E5%93%81%E5%85%AC%E5%8B%9F%E3%80%8C%E8%BF%91%E9%83%8A%E3%83%BB%E9%81%A0%E6%99%AF%E3%80%8D%E5%B1%95/
著作権の取り扱いについて

応募作品のイメージは展覧会のフライヤー、プロモーション映像、画像等に使用される可能性があります。

主催

SIN|CENTRO
栄道工協会
Maleza Proyectos
Revista Inusual

お問い合わせ

info@sincentro.com

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
エントリーする
お気に入りに追加

デザインの現場コンペの広場美術手帖SAMPLEを見る