入院生活を豊かにするデザイン

第4回 医美同源デザインコンペティション

賞金
大賞20万
締切
2019.03.01 まで
エントリーする
お気に入りに追加

病気・高齢の治療や回復のため、患者さんが病院の“くらし”に求めるものは、今後ますます多様化し、変化していくことが予想されます。
アートやデザインの視点を取り入れることで、より豊かな“くらし”や“くらし方”を患者さんに提供できるのではないでしょうか。
 
「医美同源デザインコンペティション」では、入院中の患者さんのくらしが今よりも豊かになるようなデザインを募集します。
4回目を迎える今回は、「プロダクト部門」「コミュニケーション部門」「空間部門」を用意。オリジナリティーに優れた現実的なものを奮ってご応募ください。

募集要項

【22世紀医美大賞】(1点)
賞金20万円、賞状
 
【22世紀医美優秀賞】(8点)
賞金5万円、賞状

募集対象

一般、学生関わらずどなたでもご応募可能です。企業、団体、個人、年齢、性別、職業、国籍は問いません。

募集要項

入院生活を豊かにするオリジナルのデザイン
 
【募集作品】
■プロダクト
衣類、食事用具、病室内の家具、医療具、福祉用具など、患者さんが手にしたり目にする物のデザイン
※実物または模型
 
■コミュニケーション
患者さんと家族、友人、看護師、医師や病院スタッフとのコミュニケーションへのデザイン
※画像またはイラスト、動画
 
■空間
患者さんや、訪問する家族や友人にとって、豊かさのある病室や談話室、待合室、処置室等の空間デザイン
※模型またはイラスト、画像
 
 
【応募方法】
2018年12月17日(月)~2019年3月1日(金)当日必着
 
《提出物》
【プロダクト】実物または模型
【コミュニケーション】画像またはイラスト、動画
【空間】模型またはイラスト、画像
・解説文A4判2枚程度の解説文(作品名、コンセプト、考察等)
・応募者情報A4判1枚(部門名、作品名、氏名、学校・団体名、携帯電話、E-mail、住所)
※返却希望の場合は着払いにてご返却いたします。
 
《作品提出先》
〒920-0993
石川県金沢市下本多町六番丁40番地1 株式会社ノエチカ 
 
 
【審査】
3月中旬
・提出物による審査を行ない、優秀賞を決定します。
・受賞者には事前に直接電話、メール等で通知します
・審査結果はウェブサイト等を通じて発表します。
 
【プレゼンテーション&授賞式】
3月23日(土)14:00~16:00(金沢西病院)
・優秀賞受賞者は提出物を元に金沢西病院にてプレゼンテーションを行って頂きます。
・審査員の審査によって当日大賞を決定します。
 
【展示】
3月下旬〜5月下旬※予定
・入賞作品・解説文は金沢西病院にて展示を行います。
・展示終了後、返却希望の場合は着払いにてご返却いたします。
 
【実現化】
6月以降
・優秀なもので実現化の可能性が高いものは病院内で使用する可能性があります。
 

審査委員

【審査委員長】
秋元雄史(金沢21世紀美術館 特任館長、東京藝術大学大学美術館 館長・教授)
 
【審査員】
荒井利春(プロダクトデザイナー、Arai UD Workshop 代表、金沢美術工芸大学 名誉教授)
浦 淳(認定NPO法人趣都金澤 理事長、株式会社浦建築研究所 代表取締役)
水口克夫(Hotchkiss 代表取締役社長、アートディレクター)
菊地 勤(医師、医療法人社団博友会 理事長、公益社団法人石川県医師会 理事)
大谷千晴(公益社団法人石川県栄養士会 副会長)

公式HP
http://mk22c-ibi.com/
著作権の取り扱いについて

主催者にお問い合わせください

主催

一般社団法人菊地誠22世紀医美支援事業団

お問い合わせ

〒920-0993
石川県金沢市下本多町六番丁40番地1
株式会社ノエチカ AC係
tel : 076-223-3580 / fax : 076-223-3581
mail : info@noetica.co.jp

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
エントリーする
お気に入りに追加

デザインの現場コンペの広場美術手帖SAMPLEを見る