10秒から10年まで、象の鼻パークの未来の風景を大募集!

象の鼻テラス開館10周年記念企画「フューチャースケープ・プロジェクト」

賞金
展覧会での展示
締切
2019.02.11 まで
エントリーする
お気に入りに追加

2009年6月2日。横浜港発祥の地が「象の鼻パーク」に生まれ変わり、その中にアートスペースを兼ね備えたレストハウス(休憩所)として「象の鼻テラス」が建てられました。
2018年6月。1年後に迎える象の鼻パーク・テラスのオープン10周年に向け「パブリックスペース・プロジェクト」を始動。この先1 年後・10 年後・100 年後を想像し、この場所をさらに居心地のいい、快適な場所にするアイデアを集め、2019年6月、みんなの夢のつまった『未来の風景』として出現させるアートプロジェクトです。
 
募集するのは、象の鼻パークの未来の風景を想像し、あったらいいなと思うことを自らが実現するアイデア。
10秒から10年までの設定された「時間」(10秒・10分・1時間・1日・10日・10年)と展開される「時間帯」(朝・昼・夜)・場所を選び、その時間、象の鼻パークが快適で居心地のいい、楽しい空間になるアイデアをご提案ください。
 
 
選考通過したアイデアは、2019年6月7日(金)〜16日(日)の10周年記念展覧会(仮称)内で展示・実演頂きます。
出展料は無料ですが、制作支援費はございません。
ただし、支援を必要とされる方のために、支援者を探すための情報交換の場を[象の鼻テラス10周年記念特設サイト]に設置しますので、ご活用ください。
掲載までの流れはウェブページをご確認ください。
 
本プロジェクトは、象の鼻パークの利用者にとってよりよい環境づくりのために、アートにできることを模索し実験を試みるものです。
みなさんのアイデアによって生まれる風景の集積を目指しています。ご応募お待ちしています。

募集要項

10周年記念展覧会(仮称)内での展示・実演。
 
「象の鼻テラス開館10周年記念展覧会」内で展示・実演された中から優れた「アイデア」の表彰。
【主催者賞】プロジェクトチーム(象の鼻テラス・横浜市・プロジェクトパートナー)による選定。
【オーディエンス賞】一般来場者投票による選定。

募集対象

展示期間中にアイデアを展示・実演できる個人または団体。年齢・経歴は一切不問。
※応募者が未成年の場合、管理責任者(20歳以上)を設定してください。
 
※但し、以下に該当する場合は対象となりません。
① 応募者が横浜市暴力団排除条例に規定する暴力団、暴力団員、暴力団関係者、または、暴力団員等と密接な関係を有すると認められる者である場合
② 応募者が神奈川県暴力団排除条例の規定に違反している事実がある場合

募集要項

1年後・10年後・100年後、象の鼻パークに広がる未来の風景を想像してみてください。
その風景を実現するため、ここを舞台に「これがやりたい!」と思う「もの」・「こと」と、それを実現するためのアイデアを提案してください。
 
【応募用紙記載事項】
・ 応募者情報
・アイデア概要/選択した時間・時間帯・場所/アイデアイメージ
 
【応募方法】
指定の応募用紙([象の鼻テラス10周年記念特設サイト]よりダウンロード)に必要事項を記入の上メールまたは郵送にてご応募ください。
メールの場合、添付データのサイズは5MB以下にしてお送りください。郵送の場合にかかる送料は、提案者がご負担ください。
 
・メールアドレス
10th@zounohana.com
 
・郵送先
〒231-0002
神奈川県横浜市中区海岸通1丁目 象の鼻テラス
 
 
※詳細は公式ホームページをご覧ください。
https://www.10thzounohana.yokohama/

公式HP
https://www.10thzounohana.yokohama/
著作権の取り扱いについて

応募作品の著作権は応募者に帰属します。但し、(1)象の鼻テラス及び横浜市が応募作品発表のために必要な利用(複製、上映など)をすること、(2)象の鼻テラス及び横浜市が本事業を広報するための印刷物やホームページに利用すること、および(3)象の鼻テラス及び横浜市が本事業の記録として保存するために複製することについて、選考通過の応募者には了承していただきます。

主催

象の鼻テラス
 
共催:横浜市
プロジェクトパートナー:小泉アトリエ、abanba、ノマドプロダクション

お問い合わせ

象の鼻テラス
https://www.10thzounohana.yokohama/

備考欄

【注意事項】
■アイデアがあることで、象の鼻パーク・テラスがより居心地よく・快適で、楽しくなる内容をご提案ください。
■アイデアは、応募者本人に2019年6月の「象の鼻テラス開館10周年記念展覧会」で展示・発表して頂きます。内容は、応募者自身が実施可能なこととしてください。
■アイデアの表現種類に制限は設けません。
■アイデアは会場の使用規定に応じられる内容としてください。
※「象の鼻パーク 催事使用のご案内」7 不許可基準(以下掲載)に該当するものは認められません
①催事の開催により、使用場所及びその周辺に混乱または危険が生じると認めるもの。
②公の秩序又は善良の風俗を害する恐れがあると認めるもの。
③特定の宗教の布教目的であると認めるもの。
④営業行為を主たる目的とするもの。
 営利を主目的とする物品の販売については、原則として許可はおりません。
⑤長期にわたる使用(概ね連続7日以内、同月内において合計15日以内の使用とする)。
⑥緑地の管理上支障があると認めるとき。
⑦緑地内での火気の使用。
⑧緑地内での広告宣伝行為。
⑨緑地付属駐車場以外の場所での車の駐車。
※政治活動を目的とするものは認められません。
※作品は施設を汚損しないものとすること。
※その他安全対策上や法令、施設管理等の諸事情により、プランを変更して頂く場合があります。
■集まった応募内容をもとに時間・場所を調整します。ご希望に添えない場合があることを予めご了承ください。
■アイデアは、第三者の著作権ならびに知的財産権を侵害しないこと、および著作権使用の許諾済を、事前にご確認ください。

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
エントリーする
お気に入りに追加

デザインの現場コンペの広場美術手帖SAMPLEを見る